今日2月2日は「交番設置記念日」!

スポンサードリンク

交番

みなさん。こんにちは。

今日2月2日は「交番設置記念日」です。


なぜ、今日が「交番設置記念日」なのかというと、
明治14年2月2日に、1つの警察署の管理エリア内に7つの交番を設置することが定められた日だからです。

今日は「交番設置記念日」にちなんで、「交番の由来」についてお話しようと思います。
スポンサードリンク




交番の始まり。


現在の交番の前進としては、明治7年に東京警視庁が設置した「交番所」が始まりです。

当時は建物がなく、街の交差点などの特定の場所に警察官が出向き仕事をするスタイルで、交番設置記念日である明治14年からは建物を建てて、警察官が常駐するようになりました。

交番所の制度は、当時日本で初めてというだけではなく世界で初めての制度でした。

ちなみに交番という名前の由来は、交代で番をするところなので「交番」という名前になったそうです。

明治21年には派出所、駐在所と言う名前に。


交番所設置から時は流れて14年後の明治21年に、交番所は「派出所」、「駐在所」という名前で統一されました。

平成6年には交番という名前に統一。


明治21年から平成6年までは、交番は派出所、駐在所という名前で運営されていましたが、交番という名前が国際的にも定着していたので、平成6年11月からは「派出所」、「駐在所」から「交番」という名前に正式に変更が行われて、現在に至るというわけです。

この記事へのコメント