今日1月29日は「タウン情報の日」!

スポンサードリンク

上から見た街並み

みなさん。こんにちは。

今日1月29日は「タウン情報の日」です。


なぜ、今日が「タウン情報の日」なのかというと、
昭和48年1月29日に日本で初めてのタウン情報誌「ながの情報」が発刊された日だからです。

タウン情報誌とは、その地域、その周辺地域に密着した情報を取り扱った雑誌のことで、またの名をタウン誌とも呼ばれています。

読者層は流行に敏感な20代~30代が多く、出版元は地域の中小企業によって発行されています。

今日は「タウン情報の日」にちなんで、タウン情報サイト「まいぷれ」をご紹介します。
スポンサードリンク



タウン情報といえば・・・


タウン情報と言えば、あなたが暮らしている街で毎月配布されているフリーペーパーが思いあたるとおもいます。

実際に読んでみると、その地域に特化したお得な情報が載っていたり、おすすめのレストランやショップが載ってたり、イベント情報が載っていたりと、たくさんのお役立ち情報があって、読んでいる方も多いのではないでしょうか。

でも、他の街のタウン情報を知りたいと思いませんか?

じつは、インターネットで他の街のタウン情報を知ることができるサイトとして

「まいぷれ」というサイトがあります。

今日はこの「まいぷれ」についてご紹介します。

「まいぷれ」の魅力


まいぷれは、その街に住む人たちがつくるタウン情報サイトです。

どこかの会社が取材して作るわけではなく、その街に住む人たちで作るのでその地域に特化した、口コミのような情報を知ることができるサイトです。

まいぷれは検索エンジンで「まいぷれ」と検索すると1番目に出てきますので、どこか旅行に行くとか、出張に行くなど他の地域に行くときに、その地域の情報を知るのに参考にしてみるといいかもしれません。

「まいぷれ」であなた自身が良いところを発信する


良いなと思った場所や、飲食店、ショップというの誰かに話したくなりますよね。

友人や知人に紹介するのも良いですが、もっと多くの人に知ってもらいたいと思ったら、この「まいぷれ」に投稿してあなた自身が情報を発信するのも良いでしょう。

あなた自身があなたの住む地域のイイところを発信すれば、より多くの人に知ってもらうことができ、あなたが発信した情報を見た人は、「いい情報をありがとう」という気持ちになるかもしれませんし、もっというと、あなた住む地域を好きになってもらえるかもしれませんね。

この記事へのコメント