今日10月31日は「ハロウィン」!

スポンサードリンク

ジャックランタン

みなさん。こんにちは。

今日10月31日は「ハロウィン」です。


ハロウィンは、キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭です。
なぜハロウィンを呼ぶようになったかは諸説あるようですが、一説によると、「hallow(神聖な)」と「evening(夜)」が合わさって「Halloween(ハロウィン)」となったという説もありますし、「All Hallow Eve(万聖節の前夜)」がなまって、「Hallowe'en(ハロウィン)」となったという説もあるようです。

今日の「ハロウィン」にちなんで、「ハロウィンの由来」についてお話したいと思います。
また、ハロウィンといえば、「かぼちゃのお化け」をあちこちで見かけると思いますが、なんでかぼちゃのおばけ?って思っている人も多いと思いますので、そのあたりも話題に挙げていきます。

■ハロウィンの由来


ハロウィンは古代ヨーロッパのケルト族の収穫感謝祭が起源で、それをキリスト教に取り入れられたことが始まりと言われています。
ケルト族の1年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。ケルト族は、これらから身をまもるために仮面をつけたり、魔除けのたき火をたいたりしていました。
ハロウィンは、このケルト族の風習をアレンジして、10月31日の夜にかぼちゃのお化けにろうそくをたてて、魔女やお化けに仮装した子供たちがお菓子をもらいに家を訪ねるようになったと言われています。
子どもたちはお菓子をもらいに家に訪ねるとき「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と言って訪ねるそうです。

■ハロウィンでおなじみのかぼちゃのお化け


ハロウィンでおなじみのかぼちゃのお化けは「ジャック・オー・ランタン」と言い、「ジャック・ランタン」と略して呼ぶこともあるあります。
ジャックオーランタンはアイルランドおよびスコットランドに伝わる鬼火のような存在で、「ランタン持ちの男」という意味です。
光る衣装を着たカボチャ頭の男の姿であらわれることもあると言われています。

■あとがき


今日はハロウィンにちなんで、ハロウィンの由来やかぼちゃのお化けについてお話させていただきました。
ハロウィンは各地でイベントがありますので参加して楽しんでみてはいかがでしょうか。
また、仮装して友達の家に行ったり、バーなどの飲み屋さんに行くときには、「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」とお菓子をねだってみましょう。

この記事へのコメント