今日9月29日は「クリーニングの日」!

スポンサードリンク

干してある洗濯物

みなさん。こんにちは。

今日9月29日は「クリーニングの日」です。



なぜ今日が「クリーニングの日」のなのかというと、
日付けの語呂合せで「ク(9)リーニ(2)ング(9)」だからなんだそうです。
昭和57年に全国クリーニング環境衛生同業組合連合会によって制定されました。

この日の趣旨は、多くの方にクリーニングを利用してもらえるように、クリーニング技術の向上を目的に制定されたんだそうです。

今日は「クリーニングの日」にちなんで、便利な「クリーニングサービス」についてお話したいと思います。

みなさんはクリーニングに出すときは、どうやって出していますか?
おそらくは近くのクリーニング店に出している人が多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは新しいクリーニングの出し方として、「ネットクリーニング」というサービスがあるということです。

「ネットクリーニング」とは簡単に説明すると、インターネットでクリーニングを注文して、ご自宅まで取りに来てもらい、終わったらご自宅まで届けてもらえるサービスです。
「ネットクリーニング」をやっている事業者はいくつかいますが、事業者の中には、クリーニングサービスだけではなく、衣替えの時期まで預かってくれるオプションサービスをやっているところもあるようです。

昨今はご夫婦ともどもお仕事をされている方も多いので、毎日夜遅くまで仕事していて、時間がないからクリーニングをなかなか出しにいけないというご家庭も少なくないと思います。
この「ネットクリーニング」サービスを活用することで、クリーニングを業者に取りに来てもらって、あとは待つだけにすれば、時間をかけなくていいので、とっても楽になります。

ただ、「ネットクリーニング」は便利な反面、トラブルも多いようで、国民生活センターによるとネックリーニングに関する相談が増加しているそうで、「返ってこない」、「預けたのに預けたことになってない」という相談が多いようです。

なのでネットクリーニングを使うときはトラブルを覚悟して利用するか、一度試しに出してみてクリーニング業者の対応を観察して安心できたら長く利用するとかの工夫が必要でしょう。

ネットクリーニングの業者はいろいろいますが、
「リネット」、「せんたく便」、「白洋舎 らくらく宅急便」などが人気が高いようですので、人気が高いところを選べば、それなりの実績はあるはずなので多少安心かもしれませんね。

以上、今日は「ネットクリーニング」についてご紹介させていただきました。
このようなくらしを便利にするサービスを積極的に活用してみるといいかもしれません。
ネットクリーニング自体がまだ歴史が浅いので、トラブルにあいやすいと思います。
なのでリスクを理解した上で利用していただければと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック