今日9月28日は「パソコン記念日」!

スポンサードリンク

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s.jpg

みなさん。こんにちは。

今日9月28日は「パソコン記念日」です。

なぜ今日が「パソコン記念日」のなのかというと、
昭和54年9月28日に日本電気(NEC)からパーソナルコンピュータ(PC-8000シリーズ)が発売されたことを記念して制定されました。

当時は輸入品を除けば半完成品がほとんどで、PC-8000シリーズは本格的な完成品として登場しハード・ソフトとも高い機能と完成度を誇り国産パソコンの代表的機種で定価は17万円ほどでした

今日は「パソコン記念日」にちなんで、パソコンを長く使うためのコツをお話したいと思います。

最近はタブレットやスマホをパソコン代わりに使っていらっしゃる方も多いと思いますが、
まだまだパソコンを使う方も多いですよね。

みなさんはパソコンの寿命ってどれくらいだと思いますか?
よく言われるのはパソコンの寿命は5年だといわれています。

パソコンの買い替え理由は「パソコンの動きが鈍くなった」っていうのが多いようですが、
パソコンの動作が鈍くなる理由は、ほぼHDD/SSDなどのディスクの不調が原因です。

形あるものはいつかは壊れるので、壊れること自体は仕方ないことですが、パソコンの使い方に気を使うことで、寿命を少しでも長くすることはできます。

■まずは衝撃を極力避けること。
ハードディスクは衝撃に弱いので、ノートパソコンなど持ち運びができるパソコンの場合は、持ち運ぶ時には衝撃が緩和できるカバンを使うとか、置くときにそっと置くとかの衝撃に気を使うことが大切です。

■ハードディスクは熱に弱い
パソコンは、ハードディスクなどパーツが熱で故障しないように、ファンなどで内部の温度が上昇を調節していますが、熱が許容量を超えると、突然電源が切れる、勝手に再起動する、エラーが頻発するなどの熱暴走が発生します。

■ほこりやタバコのヤニい弱い
ほこりやタバコのヤニはファンの動きを悪くさせます。その原因はほこりで通気口が目詰まりを起こしたり、タバコのヤニがファンに固着してファンの回転の妨げになったりするためです。

■雷に注意
電源をさしていたり、通信ケーブルをさしっぱなしにしている時に、雷が落ちると、電源、通信ケーブルから雷が入ってくることがあります。こういうのを「誘導雷」と言います。
この誘導雷を防ぐために雷が鳴りそうな日はすべてのケーブル類を抜いておくと良いです。


以上、今日はパソコンの寿命を少しでも伸ばす方法についてお話させて頂きました。

いつも使っているパソコンが壊れれば、インターネットやメールもできなくなりますし、仕事でお使いの方も多いと思います。
また、買い替えとなれば、急に高額な出費が必要な事態にもなりますので、普段から大切に使って寿命を少しでも伸ばしたいところですよね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック